インスタグラム・ユーチューブ・TikTokの違いとは?

インスタグラム・ユーチューブ・TikTokの違いとは?

今やユーチューブだけでなく、インスタグラムやTikTokも大きな動画市場となっています。

インスタグラム・ユーチューブ・TikTokそれぞれに特徴があります。

ここでそれぞれの特徴について改めて知っておきましょう。

ユーチューブの特徴

テキストや画像、また短い動画よりも長尺で多くの情報を伝えられるのがユーチューブの強みです。

リアルさや親近感が感じられる投稿、公式・個人チャンネル問わず幅広いクオリティの動画が好まれる傾向にあります。

視聴者とのコミュニケーションは、主にコメントや評価ボタン。

国内の全年代の利用率は75.7%で、他プラットフォームと比べて10代の利用率が最も多いのも特徴です。

動画の共有機能や情報拡散に役立つ機能が充実しており、概要欄にURLを記載することで外部サイトへの誘導が可能です。これはマネタイズのしやすさに繋がります。

一方で、動画制作費や広告費などコストが膨らみやすいというデメリットもあります。

インスタグラムの特徴

ストーリーズなどを活用して親密なコミュニケーションができるのがインスタグラムの特徴。

クオリティの高い「映える」写真や動画が求められます。

ハッシュタグを工夫してリーチ増加を狙えますが、一番のネックは投稿にリンクが貼れないこと。外部サイトへの誘導は工夫が必要になります。

またユーチューブと違い無音で見る人も多いため、それも想定したキャプション・テロップなどが求められます。

国内の全年代の利用率は35.5%、10代~20代の利用率は60%にのぼります。

TikTokの特徴

一番の特徴は、動画が最大15秒と短いこと。そのためライトなコンテンツが好まれます。

いいねやシェアなど、気軽なコミュニケーションが活発的で、国内の全年代の利用率は10.3%、10代は39.0%。

若年層の利用率が急速に伸びています。

また、動画が短いためユーチューブと比べ伝える情報量が少ないですが、「詳しい情報はYouTubeにアップしていきます」などうまくインスタグラムやユーチューブへ誘導している人もいます。

アイデア次第でユーチューブより動画制作費を抑えながら情報を拡散できるのも強みですね。

ハッシュタグチャレンジなど、ハッシュタグを活用して情報を拡散できるのも特徴です。

機械学習を用いたレコメンドの精度が高く、ユーザーごとに最適な動画が届きやすいというメリットもあります。

まとめ

いかがでしたか?それぞれに強みがあり、相乗効果を狙うことによってより大きな利益を生み出すこともできそうですね。

TOPページを見る