ユーチューブで稼いでいる人はどのくらい稼いでいるのか?

ユーチューブで稼いでいる人はどのくらい稼いでいるのか?

ユーチューブで稼いでいる人は金額の大小を抜きにすればそこそこいると思いますが、具体的に彼ら彼女らはいったいどのように、どれくらい稼いでいるのでしょうか?

VSEOを学ぶ前に、一般的なユーチューブの利益について知っておきましょう。

ユーチューブはどのように利益が発生するのか?

実際問題、ユーチューバーがユーチューブでどのように利益を得ているのかご存じでしょうか。

一般的に言われているのは、

・最低チャンネル登録者数が1000人以上である

・年間再生数が4000時間以上である

この2点が最低条件です。これに到達しないと、チャンネル登録者数が999人であろうが1円も利益を受け取ることができないんですね。

単価としては、広告収入が1再生あたり0.05~0.1円程度で、再生数10万回だと5000円から1万円くらいと言われています。

まぁ芸能事務所に所属しているとか、有名ユーチューバーだとかだとまた単価が変わってくるんでしょうけどね。

また広告収入月額8000円を超えないと振り込まれません。8000円を超えた月にやっと振り込まれることになります。

ユーチューバーの収益は実際どのくらい?

登録者数と広告収益の関係はどのようになっているのでしょうか。

条件によっても変わってきますが、おおまかなところはだいたい以下のようになっているようです。

登録者数1,000人…広告収益(月額)約1,500円

登録者数4,000人…広告収益(月額)約10万円

登録者数10,000人…広告収益(月額)約20万円

登録者数20,000人…広告収益(月額)約30万円

登録者数30,000人…広告収益(月額)約50万円

登録者数4000人までは、かけた時間と手間に見合う額とはとうてい言えないのが分かりますね。ですが4000人を超えると一気に額が上がります。月に10万円入れば、副業としては優秀ではないでしょうか?

広告収益だけで一応生計を立てられそうなのは、チャンネル登録者数が1万人くらいからですね。

ユーチューブの広告収入は他にも

通常は、広告主→ユーチューブ→動画投稿者という流れで報酬が支払われます。これは動画コンテンツに広告を掲載するもので、いわゆるGoogleアドセンスを利用したものです。

ですが、投稿動画ページに自身で直接提携したアフィリエイト広告を掲載する方法もあります。これだとクリック数や商品購入数に応じて広告主から紹介料を得ることができます。またユーチューブを介さないので、報酬が高くなる可能性もあるかもしれません。

TOPページを見る